千厩自動車学校のあゆみ
HOMEへ
千厩自動車学校の沿革

株式会社  千厩自動車学校
昭和  43年 5月 千厩町千厩字古ヶ口90番地に普通・二輪教習所を設置(初代社長 佐藤 正)
 
44年 9月 公安委員会の指定を受ける(第28号)
  45年 4月  県内で最初にトレーチャーを導入
  9月  無線教習を開始(県内初)
   56年  4月  シートベルト体験装置を導入(県内初、全国で2番目に導入)
  59年 10月 現在地(千A町千A字中木六30番地)に移転、大型・大型特殊教習を開始
平成 元年 10月 けん引教習を開始
  5年 7月 全国10校、東北2校の1校として新技能教習カリキュラムの実験教習を実施
  6年 10月 全日本指定自動車教習所協会連合会表彰を受賞
   9年 8月 県内で最初に大型二輪教習を開始
  10年 9月 高齢者講習を開始、高齢者講習用適正検査器を導入
   14年 12月 大型二種教習を開始(県内1番目)
   15年 5月 普通二種教習を開始(全車種教習校となる)
  16年 7月 全国4校の1校として普通車技能教習に係る復数教習の実験を実施
  17年  6月  AT普通二輪教習を開始
  9月 全国3校の1校として「高齢運転者の安全教育プログラム開発」のための実験調査を実施
10月 フォークリフト運転技能講習の認定を受ける
18年 8月 車両系建設機械(整地等)運転技能講習の認定を受ける
11月 社長(佐藤晄僖)藍綬褒章受賞(交通安全活動の推進)
  19年 6月 中型(一種・二種)教習を開始 
20年 4月 自家用有償運送講習の認定を受ける
21年 9月 千葉昭博指導員、学科教習競技会県1位、東北代表として全国大会出場
22年 2月 不整地運搬車運転技能講習の認定を受ける
  26年 1月 車両系建設機械(解体用)運転技能講習の認定を受ける
  27年 1月 小型移動式クレーン運転技能講習の認定を受ける 
   29年 3月  準中型教習を開始